経営者の一番の理解者 税務・会計・資産のコンサルティングカンパニー TZコンサルティング
税務顧問契約とは?
税務顧問契約について
登記した後、何をすれは
経理処理をどうしよう

税務顧問契約

税務顧問契約とは?

税務顧問契約と言ってもピンとこないと思います。

税務顧問とは、顧問税理士が、日々の会計処理を確認しつつ、税務に関する代理人として税務署等との対応や折衝、会社税務のアドバイスや節税のアドバイスなどを適時提供することです。

顧問税理士と契約することで、経理処理や税務処理を日々相談することが出来ます。
これにより、税法上受けられる優遇措置を受けられなかった、有利な税務届出書を提出しなかった、申告期限を過ぎてしまった、納税期限を過ぎてしまった、などのリスクを回避することが可能となります。
そして無駄に高額の納税を強いられたり、ペナルティである加算税や延滞税が課せられたり、不要な税務調査が訪れたりするリスクも減少します。

将来、税務調査が行われるかもしれません。その時は、顧問税理士が税務署との交渉窓口になります。
税務調査は非常に精神的負担、時間的な負担、追加納税負担と経営者を悩ますものです。税理士に調査立会を依頼することで不要な追加納税を抑えることも期待できます。

具体的な業務内容は以下の通りです。

  1. 日々の会計処理のご相談
  2. 節税対策のご提案
  3. 税務上のリスク分析のご検討
  4. 企業の法人税務相談
  5. 経営者及び従業員の個人税務相談
  6. 企業の財務内容の改善対策のご提案
  7. 経理オペレーションの改善提案
  8. 資金繰りの改善提案
  9. 企業保険のコンサルティング

加えて弊社と顧問契約を締結いただいている関与先様からは、税理士業務以外についてもよくご相談を受けております。
提携しております弁護士、司法書士、社会保険労務士、不動産鑑定士、建築士との強固なネットワークがあり、お客様の信頼を得ていると考えております。

お客様とのコミュニケーションを第一に考え、当事者意識を高く持ち、かつ、第三者の視点からもアドバイスを行うことで信頼関係を結ぶことを重視しております。
予測されるメリットとリスクを出来る限り検討し、経営の意思決定に役立つサービスを提供させていただきます。

しかしより良いサービスを提供するためには、耳に痛いお話もいたします。
それもお客様の事を考えればこそ、さらに関与先様の顧問としての本来の役割を果たすために必要であると考えております。

tel
mail
税務顧問契約
税務顧問契約とは?
法人を設立しよう
登記申請した後気づくこと
謄本が出来上がった
おカネを借りたい
採用しよう
経理処理をどうしよう
ポリシー
会社概要
お客様からの声
ページの先頭に戻る