経営者の一番の理解者 税務・会計・資産のコンサルティングカンパニー TZコンサルティング
経理処理をどうしよう
税務顧問契約について
登記した後、何をすれは
経理処理をどうしよう

税務顧問契約

経理処理をどうしよう

1.会計ソフトを購入するべきか?

最近は会計ソフトが安くなってきています。
会計王や、弥生会計などなど、売れているようですね。
会計ソフトを購入してご自身で帳簿を付ける方が増えている気がします。
また、記帳代行サービスを提供している会社も多いです。
個人的な見解としては、ご自身で(自社内にて)入力すべきです。

2.入力の仕方が分からない。

最低限の経理知識は経営者として必須の知識だと思います。
当面は自身で経理をすることをお勧めします。
入力方法やアドバイスを求めたいときは税理士に相談しましょう。

3.決算が近づいてきた!

税理士さんと顧問契約をしている場合には、決算日より前に決算の見通しを相談しましょう。
予想外の税額負担が生じることもあります。
逆に大幅な赤字で今後、銀行から融資も受けられない事もあります。
決算日後では出来ることはほとんどない!と覚えておいてください。

tel
mail
税務顧問契約
税務顧問契約とは?
法人を設立しよう
登記申請した後気づくこと
謄本が出来上がった
おカネを借りたい
採用しよう
経理処理をどうしよう
ポリシー
会社概要
お客様からの声
ページの先頭に戻る