経営者の一番の理解者 税務・会計・資産のコンサルティングカンパニー TZコンサルティング
おカネを借りたい
税務顧問契約について
登記した後、何をすれは
経理処理をどうしよう

税務顧問契約

おカネを借りたい

新規設立しばかりの会社が融資を受けるには、以下の2種類が多いでしょう。

1.日本政策金融公庫の新規開業資金

日本政策金融公庫に電話して窓口の確認、必要書類の確認をしてから訪問するようにしてください。
謄本はもちろん会社の概要書や、計画書などを要求されることも多いです。
当然に代表者の連帯保証を求められますが、追加でもう一人要求されることもあります。いない場合は、追加の金利で対応することも。

2.保証協会の創業融資

お近くの信用金庫や、信用組合、地銀などにご相談しましょう。
都銀は敷居が高く、設立後3年くらいを経過しないとなかなか取り合ってくれません。

連帯保証人は代表者のみで十分です。
一見、金利が低いですが、最初に保証料としてまとまったお金を支払います。
相談相手
身近にいらっしゃる税理士が相談相手として考えてよいのではないでしょうか?
既に起業している先輩も大事です。
同じ経験を積んでいますので、実体験に勝るものはないでしょう。

tel
mail
税務顧問契約
税務顧問契約とは?
法人を設立しよう
登記申請した後気づくこと
謄本が出来上がった
おカネを借りたい
採用しよう
経理処理をどうしよう
ポリシー
会社概要
お客様からの声
ページの先頭に戻る