経営者の一番の理解者 税務・会計・資産のコンサルティングカンパニー TZコンサルティング
相続税の計算方法
税務顧問契約について
登記した後、何をすれは
経理処理をどうしよう

資産・相続

相続税の計算方法

1.課税価格を計算する

各相続人の相続財産の額+死亡保険金+死亡退職金-債務・葬式費用

2.課税遺産総額を計算する

課税価格の合計額-遺産に係る基礎控除額(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)

3.相続税額を計算する

課税遺産総額を各人の取得額に按分して、納税額を算出


例えば・・・

相続財産1億円を、相続人の子Aと子B(ともに成人)で相続。
子Aの相続する財産額は8,000万円、子Bの相続する財産額は2,000万円

課税対象財産

1億円-(5,000万円+1,000万円×2人)=3,000万円
法定相続分による各取得金額
3,000万円×1/2=1,500万円
1人分の相続税額
1,500万円×15%-50万円=175万円
相続税の総額
175万円×2人=350万円
子Aの相続税額
350万円×(8,000万円/1億円)=280万円
子Bの相続税額
350万円×(2,000万円/1億円)=70万円


例えば・・・

相続財産1億円を、相続人の子Aと子B(ともに成人)で相続。
子Aの相続する財産額は8,000万円、子Bの相続する財産額は2,000万円。

課税対象財産

1億円-(5,000万円+1,000万円×2人)=3,000万円
例えば・・・
法定相続分による各取得金額
3,000万円×1/2=1,500万円
1人分の相続税額
1,500万円×15%-50万円=175万円
相続税の総額
175万円×2人=350万円
子Aの相続税額
350万円×(8,000万円/1億円)=280万円
子Bの相続税額
350万円×(2,000万円/1億円)=70万円

tel
mail
資産・相続
資産・相続とは?
「相続」の対象者について
死因贈与について
民法と遺言について
相続税の計算方法
相続対策の具体例
事業承継税制について
相続税の還付請求とは?
相続税・税務調査の実態と相続税課税の見通し
ポリシー
会社概要
お客様からの声
ページの先頭に戻る